• Japanese
MENU

デザインリノベーション『再生』
Renovation
renovation
デザインリノベーション 『再生』とは
リノベーションとは、既存建築物に大規模な改修工事を行い、当初の建物が持つ性能以上の新たな価値を付加し、再生することです。

建物は年月の経過に伴い、老朽化や制度の改正により、その機能や性能が時代に合わなくなったりします。 時代の変化に伴なった機能・性能が建築物には求められ、その機能や性能を満たさないものは、建築物の魅力を失うだけでなく、その物件価値も大きく損なうことになります。 その際に、建築物を立て替えるのではなく、その建物を再利用しながらコストを抑えて時代に合った性能や機能をプラスし、大胆なデザイン変更や用途変更などを行い、その建築物の資産価値を『再生』するのです。

具体的には、耐震性や防火安全性確保、耐久性の向上、建築機能の対応・向上、外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などを行なったりします。 さらに魅力あふれる建築物として『再生』するには、用途や立地条件など様々な視点から空間をデザインし、人の動きや流れ、そして心を設計することが重要です。

機能・モノ・環境などあらゆる要素を調和させ、そこにしかない、魅力的で良質な空間とスタイルを生み出すことが私たちの仕事です。 私たちのリノベーションは、機能や性能の向上はもちろんのこと、『空間のデザイン』という要素をプラスし、既存建築物に新たな付加価値をもたらし『再生』させます。
『リフォーム』と『リノベーション』の違い
「リフォーム」は、既存建築物の主に内装を改装を指す言葉として用いられています。リフォームの主な目的は、時代にあった内装にイメージチェンジしたり、老朽化した部分を元の状態に戻すことです。

それに対し、「リノベーション」は元の状態に戻すのではなく、元の状態以上の性能や機能をプラスするというところが大きな違いです。 その分、工事の規模もリフォームに比べて大きくなりますが、建築物の価値を高めるという点で、リフォームとは全く性質の違うものと言えます。

一言で現わすと、リフォームは「補修・改装」ですが、リノベーションは建物を生まれ変わらせるという意味で「再生」なのです。
無料
メール相談

一級建築士が無料でお答えします。どんな些細なことも結構です。ご相談下さい。
ページ上部へ